検査と修正

自動修正のカスタマイズ

標準の自動修正に、独自の修正も追加できます。AUTOFIX_LIST 内に記述します。

自動修正は強力ですが、翻訳を破壊することもあります;  記述するときには注意が必要です。

例えば、次の自動修正は、翻訳内のすべての文字列 foobar に置き換える:

#
# Copyright © 2012 - 2021 Michal Čihař <michal@cihar.com>
#
# This file is part of Weblate <https://weblate.org/>
#
# This program is free software: you can redistribute it and/or modify
# it under the terms of the GNU General Public License as published by
# the Free Software Foundation, either version 3 of the License, or
# (at your option) any later version.
#
# This program is distributed in the hope that it will be useful,
# but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
# MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the
# GNU General Public License for more details.
#
# You should have received a copy of the GNU General Public License
# along with this program.  If not, see <https://www.gnu.org/licenses/>.
#

from django.utils.translation import gettext_lazy as _

from weblate.trans.autofixes.base import AutoFix


class ReplaceFooWithBar(AutoFix):
    """Replace foo with bar."""

    name = _("Foobar")

    def fix_single_target(self, target, source, unit):
        if "foo" in target:
            return target.replace("foo", "bar"), True
        return target, False

独自の自動修正を組み込むには、AUTOFIX_LIST 内で Python クラスへの完全修飾パスを指定します。参照: 品質検査、アドオン、自動修正のカスタマイズ

フラグを使用した動作の設定

Weblate の動作(主に検査)は、原文(原文の査読、参照: Additional info on source strings)、または Component configuration翻訳フラグ)で詳細に設定できます。ファイル フォーマットの中には、フラグを直接フォーマットで指定できるものもあります(参照: 対応するファイル形式)。

フラグはカンマで、パラメーターはコロンで区切ります。引用符を使用して、文字列に空白または特殊文字を含めることができます。設定例:

placeholders:"special:value":"other value", regex:.*

現在、使用可能なフラグ一覧:

rst-text

テキストを reStructuredText 文書として扱う。関連項目: 未翻訳の翻訳文

dos-eol

UNIX の代わりに DOS の改行コードを使用する(\n の代わりに \r\n)。

read-only

文字列は読み取り専用なので Weblate で編集しない。参照: Read-only strings

priority:N

文字列の優先度。優先度の高い文字列が翻訳のために先に表示されます。デフォルトの優先度は 100 で、文字列の優先度が高いほど、翻訳のために早く提示されます。

max-length:N

文字列の最大長を N 文字に制限する。参照: 翻訳の最大文字数

xml-text

テキストを XML ドキュメントとして扱う、関連項目: XML 構文 および XML マークアップ

font-family:NAME

レンダリングの検査に使うフォントファミリーを定義する。参照: フォントの管理

font-weight:WEIGHT

レンダリングの検査に使うフォントの太さを定義する。参照: フォントの管理

font-size:SIZE

レンダリングの検査に使うフォントサイズを定義する。参照: フォントの管理

font-spacing:SPACING

レンダリングの検査に使う文字間隔を定義します。参照: フォントの管理

placeholders:NAME:NAME2:...

翻訳にはプレースホルダー文字列が必要です。参照: プレースホルダー

replacements:FROM:TO:FROM2:TO2...

テキストがパラメータとなる検査(例 翻訳の文字の最大サイズ または 翻訳の最大文字数)をするときに行う置換。一般的な使用方法は、プレースホルダに長いテキストが入ってもスペースに収まるか確認することです。例: replacements:%s:"John Doe"

variants:SOURCE

この文字列を、原文と一致する文字列の別表記としてマークします。参照: 文字列の別表記

regex:REGEX

翻訳文がマッチするべき正規表現。参照: 正規表現

禁止

用語集で、使ってはいけない訳語を示します。参照: 禁止する訳語

strict-same

「未翻訳の翻訳」検査で、組み込みのブラックリストの単語を除外しないようにする。参考: 未翻訳の翻訳文

check-glossary

用語集に従っていない の品質検査を有効にする。

angularjs-format

AngularJS 補間文字列 の品質検査を有効にする。

c-format

C 言語書式 の品質検査を有効にする。

c-sharp-format

Enable the C# 形式 quality check.

es-format

Enable the ECMAScript テンプレート リテラル quality check.

i18next-interpolation

Enable the i18next 補間 quality check.

java-format

Enable the Java 形式 quality check.

java-messageformat

Enable the Java MessageFormat quality check.

javascript-format

Enable the JavaScript 形式 quality check.

lua-format

Enable the Lua 形式 quality check.

object-pascal-format

Enable the Object Pascal 形式 quality check.

percent-placeholders

Enable the パーセントのプレースホルダー quality check.

perl-format

Enable the Perl 形式 quality check.

php-format

Enable the PHP 形式 quality check.

python-brace-format

Enable the Python ブレース形式 quality check.

python-format

Enable the Python 形式 quality check.

qt-format

Enable the Qt 形式 quality check.

qt-plural-format

Enable the Qt 複数形式 quality check.

ruby-format

Enable the Ruby 形式 quality check.

scheme-format

Enable the Scheme 形式 quality check.

vue-format

Enable the Vue I18n 書式 quality check.

md-text

Treat text as a Markdown document. Enable Markdown のリンク, Markdown の参照, and Markdown 構文 quality checks.

safe-html

Enable the 安全でない HTML quality check.

url

The string should consist of only a URL. Enable the URL quality check.

ignore-bbcode

Skip the BBcode マークアップ quality check.

ignore-duplicate

Skip the 重複単語の連続 quality check.

ignore-check-glossary

Skip the 用語集に従っていない quality check.

ignore-double-space

Skip the 連続スペース quality check.

ignore-angularjs-format

Skip the AngularJS 補間文字列 quality check.

ignore-c-format

Skip the C 言語書式 quality check.

ignore-c-sharp-format

Skip the C# 形式 quality check.

ignore-es-format

Skip the ECMAScript テンプレート リテラル quality check.

ignore-i18next-interpolation

Skip the i18next 補間 quality check.

ignore-java-format

Skip the Java 形式 quality check.

ignore-java-messageformat

Skip the Java MessageFormat quality check.

ignore-javascript-format

Skip the JavaScript 形式 quality check.

ignore-lua-format

Skip the Lua 形式 quality check.

ignore-object-pascal-format

Skip the Object Pascal 形式 quality check.

ignore-percent-placeholders

Skip the パーセントのプレースホルダー quality check.

ignore-perl-format

Skip the Perl 形式 quality check.

ignore-php-format

Skip the PHP 形式 quality check.

ignore-python-brace-format

Skip the Python ブレース形式 quality check.

ignore-python-format

Skip the Python 形式 quality check.

ignore-qt-format

Skip the Qt 形式 quality check.

ignore-qt-plural-format

Skip the Qt 複数形式 quality check.

ignore-ruby-format

Skip the Ruby 形式 quality check.

ignore-scheme-format

Skip the Scheme 形式 quality check.

ignore-vue-format

Skip the Vue I18n 書式 quality check.

ignore-translated

Skip the 翻訳済み quality check.

ignore-inconsistent

Skip the 一貫性の欠如 quality check.

ignore-kashida

Skip the Kashida 文字の使用 quality check.

ignore-md-link

Skip the Markdown のリンク quality check.

ignore-md-reflink

Skip the Markdown の参照 quality check.

ignore-md-syntax

Skip the Markdown 構文 quality check.

ignore-max-length

Skip the 翻訳の最大文字数 quality check.

ignore-max-size

Skip the 翻訳の文字の最大サイズ quality check.

ignore-escaped-newline

Skip the \n の不一致 quality check.

ignore-end-colon

Skip the コロンの不一致 quality check.

ignore-end-ellipsis

Skip the 省略記号の不一致 quality check.

ignore-end-exclamation

Skip the 感嘆符の不一致 quality check.

ignore-end-stop

Skip the 終止符の不一致 quality check.

ignore-end-question

Skip the 疑問符の不一致 quality check.

ignore-end-semicolon

Skip the セミコロンの不一致 quality check.

ignore-newline-count

Skip the 改行数の不一致 quality check.

ignore-plurals

Skip the 複数形の不足 quality check.

ignore-placeholders

Skip the プレースホルダー quality check.

ignore-punctuation-spacing

Skip the 句読点のスペース quality check.

ignore-regex

Skip the 正規表現 quality check.

ignore-same-plurals

Skip the 同一の複数形 quality check.

ignore-begin-newline

Skip the 文頭の改行 quality check.

ignore-begin-space

Skip the 先頭の空白 quality check.

ignore-end-newline

Skip the 文末の改行 quality check.

ignore-end-space

Skip the 文末の空白 quality check.

ignore-same

Skip the 未翻訳の翻訳文 quality check.

ignore-safe-html

Skip the 安全でない HTML quality check.

ignore-url

Skip the URL quality check.

ignore-xml-tags

Skip the XML マークアップ quality check.

ignore-xml-invalid

Skip the XML 構文 quality check.

ignore-zero-width-space

Skip the ゼロ幅スペース quality check.

ignore-ellipsis

Skip the 省略記号 quality check.

ignore-long-untranslated

Skip the 長期間未翻訳 quality check.

ignore-multiple-failures

Skip the 複数の検査で不合格 quality check.

ignore-unnamed-format

Skip the 複数の無名変数 quality check.

ignore-optional-plural

Skip the 複数形になっていない quality check.

注釈

基本的に、規則は名前に ignore-* という識別子がすべての検査に対して付いているため、独自の検査にも使用できます。

このフラグは、Component configuration 、原文ごとの設定、および翻訳ファイル自体(例: GNU gettext)の両方で認識されます。

検査の強制

バージョン 3.11 で追加.

Component configuration検査の強制 を設定することで、無効にできない検査項目を設定できます。設定した検査項目は、ユーザーインターフェイスで除外にできず、検査で不合格となった文字列は 要編集 (参照: Translation states)と設定されます。

フォントの管理

バージョン 3.7 で追加.

ヒント

Weblate にアップロードしたフォントは、 翻訳の文字の最大サイズ 検査のためだけに使用します。Weblate のユーザーインターフェイスには影響しません。

表示したテキストのサイズの計算に使用する 翻訳の文字の最大サイズ 検査は、フォントを Weblate に読み込み、翻訳フラグ(参照: フラグを使用した動作の設定)を使用して選択することが必要です。

翻訳プロジェクトの 管理 メニュー下の フォント にあるフォント管理ツールは、フォントのアップロードと管理のためのインターフェイスを提供します。TrueTypeとOpenTypeフォントがアップロードできるので、フォントグループを設定して検査で使用してください。

フォントグループを使用すると、言語ごとに異なるフォントを定義できます。通常、ラテン言語以外で必要です:

../_images/font-group-edit.png

フォント グループは名前で識別し、名前には空白文字や特殊文字を含めることはできません。そこで、簡単に選択して使用する方法:

../_images/font-group-list.png

フォント ファミリーとスタイルは、アップロード後に自動的に認識:

../_images/font-edit.png

Weblate に登録できる複数のフォントの設定:

../_images/font-list.png

文字列の長さを確認するためにフォントを使用するには、適切なフラグ(参照 フラグを使用した動作の設定)を渡します。設定が必要な項目:

max-size:500

Defines maximal width in pixels.

font-family:ubuntu

使用するフォント グループの識別子の設定。

font-size:22

Defines font size in pixels.

独自検査の記述

幅広い品質検査を標準搭載していますが(参照: 品質検査)、検査したい項目をすべて網羅しているとは限りません。実行する検査の内容は、CHECK_LIST で設定できます。また、独自の検査も追加できます。

  1. weblate.checks.Check をサブクラス化する

  2. 複数の属性を設定する。

  3. check (コードで複数形を扱う場合)または check_single メソッド(これはあなたに代わって実行)を実装する。

複数の例:

独自の検査を組み込むには、CHECK_LIST に Python クラスへの完全修飾パスを指定します。参照: 品質検査、アドオン、自動修正のカスタマイズ

翻訳テキストに「foo」が含まれていないかの確認

これは非常に単純な検査であり、翻訳に文字列「foo」を含まないかの検査をするだけです。

#
# Copyright © 2012 - 2021 Michal Čihař <michal@cihar.com>
#
# This file is part of Weblate <https://weblate.org/>
#
# This program is free software: you can redistribute it and/or modify
# it under the terms of the GNU General Public License as published by
# the Free Software Foundation, either version 3 of the License, or
# (at your option) any later version.
#
# This program is distributed in the hope that it will be useful,
# but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
# MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the
# GNU General Public License for more details.
#
# You should have received a copy of the GNU General Public License
# along with this program.  If not, see <https://www.gnu.org/licenses/>.
#
"""Simple quality check example."""

from django.utils.translation import gettext_lazy as _

from weblate.checks.base import TargetCheck


class FooCheck(TargetCheck):

    # Used as identifier for check, should be unique
    # Has to be shorter than 50 characters
    check_id = "foo"

    # Short name used to display failing check
    name = _("Foo check")

    # Description for failing check
    description = _("Your translation is foo")

    # Real check code
    def check_single(self, source, target, unit):
        return "foo" in target

チェコ語の翻訳文の複数形が異なっているかの確認

言語情報を使用して、チェコ語の 2 つの複数形が同じでないことを検査します。

#
# Copyright © 2012 - 2021 Michal Čihař <michal@cihar.com>
#
# This file is part of Weblate <https://weblate.org/>
#
# This program is free software: you can redistribute it and/or modify
# it under the terms of the GNU General Public License as published by
# the Free Software Foundation, either version 3 of the License, or
# (at your option) any later version.
#
# This program is distributed in the hope that it will be useful,
# but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
# MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the
# GNU General Public License for more details.
#
# You should have received a copy of the GNU General Public License
# along with this program.  If not, see <https://www.gnu.org/licenses/>.
#
"""Quality check example for Czech plurals."""

from django.utils.translation import gettext_lazy as _

from weblate.checks.base import TargetCheck


class PluralCzechCheck(TargetCheck):

    # Used as identifier for check, should be unique
    # Has to be shorter than 50 characters
    check_id = "foo"

    # Short name used to display failing check
    name = _("Foo check")

    # Description for failing check
    description = _("Your translation is foo")

    # Real check code
    def check_target_unit(self, sources, targets, unit):
        if self.is_language(unit, ("cs",)):
            return targets[1] == targets[2]
        return False

    def check_single(self, source, target, unit):
        """We don't check target strings here."""
        return False